日常Rhythm

mihomaru.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アンテナショップ

報道あまりされてない、釣りや色々お世話になってる千葉や茨城。
館山・勝浦や、日立・久慈の漁港も、どうにか無事でした。
地震起きてすぐ船持って沖に出て、大丈夫だったみたい。
いくら船長だって…大きな津波怖かったよね(TT)
でも、ニュースになってない被害が、沢山ある。
毎日、溢れる気持ちばかり先行する。

日課の「毎日ヨーグルト」も中断。
納豆も、まだ店頭に無いね(>-<)
行き付けだった、近所の福島アンテナショップは
風評被害も何のその!なので、買物しました♪
日常でもよく買ってるので、営業嬉しいです^^
d0153652_19212351.jpg

ここ近辺で売ってる野菜は…やはり、北・東関東産が多い。
本日冷凍庫から出して食べたお肉も、以前買った仙台からの「お取り寄せ」でした。
特に魚介好きな私は、牡蛎や魚も三陸に行ったり、取り寄せてる。
前に書いた電力とかもそうだけど、本当お世話になってます。
d0153652_1928464.jpg

毎年恒例の大好きなイチゴ狩りも、今年は忙しくて購入。。。茨城産!
スーパーなんかでも、一生懸命に作った方が可哀想になるほど
安く売られてる「いつも買ってた野菜」が並べられてます。

それに。私にとって、伊勢や箱根と同様に東北は
年に何度も必ず行く、大切な場所!
美しい景色と、温泉と人間と、美味しい食べ物に癒され
チャージアップ出来る大切なところ♪
あの風景も、ゴハン食べたあの場所も、走ったあの道も、もう無い。
撮った写真を何度も、沢山見ました。
時間はいくらかかっても又絶対に遊びに行きたい。行きます!!

で。今週は。地盤やガス水道系統も心配な
第二の家(?)のある、栃木予定。
橋脚が落ちたらしいから、辿り着けるかなー。
いや、行くよー☆066.gif072.gif
[PR]
by miho-maru | 2011-03-31 19:20

猫たちの様子

余震が続きます。
気のせいか、何日か風の強い日も続く。

昨日。家の猫が、ちょうどトイレで用を足そうとしてる中
少し大きめの揺れがありました。
驚いて飛び出して、チーッと、はみ出し…(。。;
まだ途中だったのかもしれないけれど、座り込んで震えてました。
ここの所の様子で、すっかり怯え気味の猫たち。
ショックで固まり、ゴハン食べなくなったコもいて心配でした。
d0153652_18581720.jpg
大人の様に「大きな災害があって」と理解出来る場合はいいけど
動物や子供のように、何が起こったか理解出来ないと
きっと言いようのない不安になってしまうんだと思う。

TVで、被災地の方が、家に残してきた犬などを探してる映像。
見付かって、抱きしめてる姿を何度か見ました。
自分が辛い立場にあっても、大切な家族の一員として
想える気持ちや優しさ。失っていない。
原発も先が見えない中、遠くへ避難しようとする人は
「子供がいる」人や「孫だけでも」なんて人が多いように思います。

震災直後はテレビも切迫した報道一色で、私も見続けたけど
子供達の為に「アニメや普通の番組も流して欲しい」との、要望が多かったそう。
実際に少しCMやバラエティーが流れ出すと、少しだけ気の休まる時間になる。
それを映すニュースで、避難所の子供の笑顔を見ました。

今夜は、予測不能の大規模停電の恐れがあるらしいです。
家の近くでは、5時以降は施設など全部閉まるし
病院なども看板の電気を消してたり、食事処も電気消してるか
お店閉めてます。それでも、この寒さに節電量はまだまだのよう…

地上からも応援、散水車も向かっています!
東北は、想像つかないほどの寒さと状況でしょう。
こちらでも、厚着して、備えて、乗り切りましょう。

帰りにスーパー寄ったら、沢山食材ありました。
保存食は無いけど、野菜にお肉に牛乳…買い急がなくても大丈夫。
買物もなるべく近所に、車のガソリン使わないで少しずつ、冷静に。
物資はあるのに流通出来ないだけなんだから、
燃料さえあれば、もっとスーパーに並ぶし被災地にも届くよ。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-17 17:59

こちらでも。

朝から、みずほ&三井住友銀行がダウン!
義援金の受付口座してるから、システム障害だそう。銀行で立ち往生。
「経済を止めない」事も支援の一つだから、復興した時に
ちゃんとした日本を継続させてる事も大切だから
停電にも協力しつつ、動き続けないと。
電車や車も自由に使えないとこんなに不便感じるほど、普段が便利だった。
自転車と。歩きます。

昨夜の地震は山梨?静岡?だったみたいですね。
こちらでも結構揺れて、ビックリしました。
先週ドライブと浜名湖の鰻食べに出掛けた。もう懐かしい。
途中まで高速乗らないで、裾野や富士宮、市内も随分走った。
そういえば、富士山には見た事ない変な雲がかかってて、うろこ雲が沢山でした。
d0153652_1810048.jpg
昨晩、茨城福島近辺行った知り合いは、無事帰りました。
要請で行ったのに、燃料を手に入れるのに奔走しなければならなかった。
燃料さえあれば…!そこら辺、何とかならないんでしょうか。
自衛隊に引渡し時、あちらの方などが
「東京も不足してるんでしょ。ご苦労様。これだけしかないけど」と
ペットボトルの水をくれようとしてくれたらしい。
本当に不足してるのはそっちなのに…。
「ジュースなどは買えます。まだ断水されてる訳でもないし、
水道水でも飲みますから!」と断ったけど嬉しかった、と。
そんな状況の中で相手を思う気持ちや優しさを失わない、凄いです。

いまさっき、少し大きめの揺れを感じました。
震源は千葉らしいです。
実際にはプレート違うけれど、どんどん近付いてきてる感じで怖い。
今日は天気が悪いので、自然の明かりあまりないです。
風もあるので、ガタガタ音がすると構えてしまいます。
緊急地震速報も頻繁に。以前は「こんな短い時間で事が出来る?」なんて
人もいましたが、落ち着けば結構色々出来ますね。ありがたいです。
夜の停電中だったら、もっと怖いかもしれない。
被災地の方は、もっと怖いだろう。
だから、関東も日本中が頑張らなくては。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-16 13:05

物資

日一刻と事態が分かるほどに、現地の状況の酷さが分かる。
見るだけで目を覆いたくなるような残酷な惨劇も
言葉に出し伝えなくてはならない報道の方も
現地に入ってる方は特に辛いと思います。
だから、正しい情報を正確にお願いしたいです。

家の近所は、物流関係の会社が沢山あり
知り合いや元同僚など多いです。
いま、食料の運輸や重機やその他を運びに、走ってる仲間がいます。
余震や原発の状態も落ち着いてない中で、とても心配です。
でも、もっと大きな心配や恐怖や飢えや悲しみと闘ってる人が沢山いる。
出来る人がやれる事が何かを考えてしなくては。
現地に行くだけが救助ではない。
足手まといにならずに、遠く離れた自分達に出来ること。
こちらに残った私にもやるべき事は沢山ありました。

私のかかりつけの医者の先生も、緊急医療の経験があり
現地に入るかもしれないから、少しの間病院を
閉めるかもしれません、すみません。と言われた。
私達には予防する環境や薬もまだある。気を付けて下さい。
電気や燃料の節約だけじゃなく、健康管理して
病気にもならないようにしないと。余計な薬を使わない。

今日96時間ぶりに救出された男性のニュースが。
家ごと流され、海の上でずっと屋根に摑まってて助かった人もいた。
とにかく信じて。諦めないで下さい。

東北の方、物資や機材など、今向かってます!
被災地の方も支援の方も、頑張って下さい!
日本からも海外からもたくさんレスキュー隊来てます。
私達も。買いだめ、しないで。
一般の車もなるべく控えて。
食料も、雪の中での暖も、病人の治療も、まず燃料がなくては。

今も地震。大きく揺れました。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-15 22:46

原発

被災地では、地震と津波も落ち着かない中…今度は、原発。
その状況に胸を撫で下ろしたり、また不安の中へ戻されたり
繰り返しは辛すぎる。
放射能漏れのニュースを聞く度に
今まで便利で贅沢に電気を使った生活を送れたのは
福島地区の方々の理解の上に成り立っていたんだと
頭では分かっていたけれど、改めて今更ながらの感謝と実感。

電力会社の人は寝ないで作業している。
その為に事故で亡くなったり被爆したり…
その人達にも家族はいるのに、命を掛けて覚悟を決めて闘っている。
亡くなった沢山の人たち。家族に会えない人たち。
真っ暗な所で飢えや寒さのなか生活を強いられてる人たち。
そしてそれを救うために働いて死んでしまった自衛隊員や警官。
安全な場所にいて文句を言うなんて資格、誰にも無い。
その人は、自分が同じ事しろ、って言われて出来る人間なんだろうか?
この状況をいいと思ってる人間なんて、誰もいないはず。
感謝して応援して安全を願ってる人間のが、多いはず。
意見は色々あっても、誰かを否定したりする必要はないでしょ。
混乱を呼ぶようなデマやチェーンメールも、本当にやめて欲しい。
こんな状況の時に、そんな事して何が楽しいのだろう。
善意?!ちょっと考えれば分かるでしょ、おかしいって…
私にもそんな内容のメールが幾つか届いて、即消した。

とはいえ、東北の知り合いが携帯がダメになってる中
ツイッターが役に立ち、家族の無事を確認出来て喜んでいた。
こういうツールは、便利に使えば色んな情報をタイムリーに
知れて本当にいいもんね。
だから、そういう人達を踏みにじるような情報は止めて欲しい。
こんな時に、迷惑メールもやめて下さい。
電池が減ります。

マニュアルにない緊急事態が起きているのに。
日本が、皆が、初めての経験なので不備は目立つけど
今は政治不信とか企業批判とか関係ない。懸命に勇敢に闘っているんだ。
必死に命を掛けてる人間に対し、文句ばかり言うのは恥ずかしい事だと思う。
やりたい人や、やりたくてもやれない人もいるし、やりたくないならやらなければいい。
デマに流されず、一人一人が落ち着いた行動を取らなくては。。。私も。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-15 17:20

買物

スーパーへ行きました。
物が無い、無い!
家の近所ではあらゆるものが無くて、飲食店やスタンドも閉まってます。
普段は買物なんてあまりした事無さそうな人が
手に取ってはカゴヘ入れていく。
なんだか皆忙しく動き、物々しい雰囲気に少し怖さを感じる。
気持ちは分かるけど、せめて安全運転で。
周りをもっと見ないと、更に意図しない誰かを傷付けてしまいそう。

私は非常に臆病でしかも溜め込む?のが好きなので
備蓄や簡単な備えは、普段から結構しています。
使う事が一生なく終わればいいと思ってた。
何年も前に買った、非常用トイレや色々。使えるかな?
見直して整理してます。日々貯めてた保存食や飲料。
釣りに使用してたクーラーやキャンプ用品も出し、チェック。
(ヘルメットだけはバイク用で代用(^^;

とり急いで買い占める理由はないので、普段の食材を買いに行きます。
明日の朝食にと思った納豆も、水戸工場が打撃を受けたそうで無く
物流も滞ってるのに買占めしようとする人で溢れ、食材ほぼ有りませんでした。
猫達の缶詰は…沢山あったので、これだけ少し買い足しました。

何処のお店も節電で薄暗く営業しています。
寂しい感じがするほど、爛々と明るい中でいつも普通にいたんだなぁ。
こうなってみると、そこ迄明るくしておく必要があったのだろうか…?って
日常を振り返り思った。
みんな電気を消している。夜が本当に暗い。静かです。
上を見ると、星が綺麗でした。

暗いと動物も不安だね。でも大丈夫、とニャンコ抱きしめて眠って
ついでに猫布団で「暖」も頂いてます。
ソーラーの携帯充電器、玄関の明かりなんかも太陽光。
お日様に頼りまくりです。有難い存在。ありがとう。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-15 00:38

計画節電

計画停電が始まりました。
自分に出来る事は…余計な電気も電波も使わない。
電気だけじゃなくて、ガスや水、灯油も節制と言う事で
節約しています。
蛇口をひねればお水がジャブジャブ出てくる。
食事も食べられる。
足を伸ばして温かい布団で眠れる。
「日常」を送れることがこんなに幸せな事なんだと改めて実感。
日本にとっても誰にとっても初めての未曾有の出来事。
慣れない人達が慣れない事をする。
不手際に文句を言われても休める訳にはいかない。
色々な人が不安と、勇敢な心で動いている。

「津波が来ない」と言って来てしまうより、いいじゃない。
誤報で良かったと思う。
「電力は平気です」と言って突然消えてしまうよりは、いいじゃない。
不便だけど予定はたつ。
本当は電気も溜めておけたらいいのにね。
そしたら普段からのストックや、今回も取っておいて後で使えるのに。
でも、計画より電気通せる位みんな節電してた証拠なんだから、凄いと思った。
意識を変えれば、一丸となって1つのこと出来るんだ。

外国から勇気を貰えたメール。引用させて頂きます。
「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だって
くる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がっ
てきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」 と。
こんな状況下、略奪行為も起こってない。
信号が消えても、クラクションが鳴り響く訳でもなく安全を心掛けてる。
こんな時だからこそ、病気の方や高齢者を大切に出来てる。
誇りに思います。
文句いう人間も確かにいるけれど、それでもやっている。何かしたいと思ってる。

小さな頃から学校で当然のように「防災訓練」を受けている
そんな国は無いと思う。自然災害に対する危機管理だけは
半端じゃない国民だと思います。

亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
せめて家族の手に還れますよう、
そして、今なお行方不明の方々に、光を。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-14 22:07

節電

まだ余震があって、その度にビクついて眠れない。
揺れてなくても丘酔いしてるみたいな眩暈がする。くらくら。
たった東京の揺れ位でこうなるんだから
被災地の方達の恐怖や不安は、計り知れない。
人間なんて、自然の猛威の前には成す術もなく
あまりにも無力だ。そんな事ばかり考えた。
朝も夜も頭上を、ヘリが飛んでる音がひっきりなしに沢山聞こえます。

でもとりあえず。まず電気を消しました。
「一人一人の力は小さい」なんて言ったら「ちょっと位いいか」が増える。
たかがコンセントをじゃない。決して小さな事じゃない。
今、あまりにも大きな意味を持ってると思う。

電話が通じない、明かりがない、水が出ない、ガスを使えない。
不便を感じた分、普段いかに便利に過ごせていたか。
音楽さえ聴いてりゃゴキゲンな私ですが
自宅で聴く事も、i-podの充電もためらいます。
携帯だけは心配だから、フル充電。
TVの情報は欲しいので、それは見てしまうけど。

どんどん早起き。朝方行動になって
陽の光で色々な作業しています。
お日様。有難いです。暖かいです。
本当に必要の無い物付けてないか、確認して節電。

必要な人に必要な電力が届きますように。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-13 22:59

地震

地震発生前まで書きかけてた日記、こんな事で悩んでたの?って
どうでもいい陳腐な出来事に思えました。
でも「どうでもいいじゃん」って内容で悩めてた幸せ。
揺れ後、知り合いともポツポツ連絡が繋がり、こんな時だから…と
少し疎遠になってた人からも連絡が 。お互い安否を確認出来ました。
でももうそれきり。回線を使ってはいけない。もっと必要な人が居るんだから。

私の家の方は埋立地なので、液状化がひどかった。
初めて地面が割れるのを見て恐怖に動けなく。
海方面はすぐ立入り禁止になり、消防隊もひっきりなしに出動しサイレンの嵐。
お台場方面に、煙が見えました。
でも、区が昨年工事した耐震水道管やガスメーターもちゃんと機能してました。
自宅では、棚から物が落ちてきて猫達もパニックになってました。
4つある水槽の水が全部、半分位こぼれて床が水浸し。
固定まだだった家具も少し移動してました。
帰り道。みんな、みんな、お疲れ様。
コンビニや病院の人ありがとう。でも終わりじゃない。
先日機種変したばかりで、使い方分からなかったスマートフォンも
慣れ帰れた。その後docomoは回復早かったように思う。
情報を取れるツールは、同時に安心感も取れた。
東北の被災地の人々は、それさえも出来ずにいる。
怖かった。
TVを見て初めて、事の大きさに驚いた。
現実とは思えない、CGのような悪夢の映像ばかり。
涙が出た。信じられない。  
日本の何処に住んでいようが、他人事ではないと感じた。
今も、常に腰の下辺りがモゾモゾとしてます。
家具がカタカタと鳴る。
波動のような、ピリピリした嫌な感じが何度もくる。

また、小さく揺れました。
[PR]
by miho-maru | 2011-03-12 18:42

ドラマー・MIHOのブログです♪ココでは、ネコやバイクや釣りやガーデニングや美味しい物を中心に。たまに、Liveや音楽活動など…好きな事や日常の思った事を、気ままに書いてます^^


by みほまる
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28